• トップ /
  • 病院で勤務する看護師の給料

看護師の給料と働き方

病院で勤務する看護師の給料

病院によって給料は様々です

病院で働いている看護師の給料は病床数や地域によっても大きく変わってきますが20代では平均して25万円ほど、30代では30万円ほどと年々上昇するのが一般的です。給料のなかには基本給のほかに資格手当や住居手当など様々な手当が支給されており看護師は他の職種と比べて福利厚生面でも優遇されています。その他にも病院独自の手当が定められているところもあり総支給額は多くなります。さらには夜勤をこなすことで夜勤手当が支給されるため手取り額は大幅にアップします。夜勤は二交体制では毎月4~5回、三交体制では8回程度こなすことが多く夜勤に入れば入ったぶんしっかりと給料に反映されます。また看護師として病院で働いていると定時に帰宅できることは少なく残業しなければならないことが多いですが残業手当も支給されますので頑張りにはしっかりと報いる環境があります。もちろん病院内では日勤のみの勤務や夜勤専門などライフスタイルに合わせて様々な働き方ができそれぞれに給料体制は異なってきます。そのためこれから看護師として病院での勤務を希望されているのであればどのような働き方がもっとも適しているのか、また支給される給料についても把握しておくようにしましょう。

病院の有益情報

↑PAGE TOP